【未来日記】KindleコミックをEpubor UltimateでDRM解除・PDF変換した際に(アスペクト比)縦横比が変わってしまう件について【其の弐】  

[志水アキ×京極夏彦] 姑獲鳥の夏 第04巻

Kindleファイルのスクリーンショットから切り出した一コマ。
[志水アキ×京極夏彦] 姑獲鳥の夏 第04巻より【Kindleファイル】
サイズは300×220。

「IrfanView」で変換したJPEGファイルからの切り出し。
[志水アキ×京極夏彦] 姑獲鳥の夏 第04巻より【JPEGファイル】
サイズは300×202。

Kindleファイルの縦長を100%とした場合、PDFファイルの縦長は91.82%でした。

やはりこのKindleコミックも縦に圧縮がかかっていました。
 

[天樹征丸×さとうふみや×佐藤友生] 明智警部の事件簿 第01巻

悩ましいのは、縦圧縮がかかる場合に、その比が一定ではないことです。
「刃牙道」では86.74%でしたが、「姑獲鳥の夏」では91.82%でした。

さらにはまた、圧縮がかからないKindleコミックもあります。

例えば、「明智警部の事件簿」第01巻。

Kindleファイルのスクリーンショットから切り出した一コマ。
[天樹征丸×さとうふみや×佐藤友生] 明智警部の事件簿 第01巻【Kindleファイル】

「IrfanView」で変換したJPEGファイルからの切り出し。
[天樹征丸×さとうふみや×佐藤友生] 明智警部の事件簿 第01巻【JPEGファイル】

どちらもサイズは300×154でした。


ここで思い当たったのは、出版社や作品ごとに圧縮比が違っている可能性です。
例えば、角川書店のKindleファイルは○%、講談社のファイルは△%、といったふうに決まった値があるのであれば、ファイルをJPEGに書き出す際、アスペクト比を変更する目安になります。

ところが、事はそう簡単ではないようなのです。


【[大河原遁] 王様の仕立て屋 ~サルト・ナポレターナ~】

第02巻のKindleファイルのスクリーンショットから切り出した一コマ。
[大河原遁] 王様の仕立て屋 ~サルト・ナポレターナ~ 第02巻【Kindleファイル】

「IrfanView」で変換したJPEGファイルからの切り出し。
[大河原遁] 王様の仕立て屋 ~サルト・ナポレターナ~ 第02巻【JPEGファイル】

サイズはどちらも300×167。
このシリーズではアスペクト比の狂いは起こらないのかと思いきや……


第04巻のKindleファイルのスクリーンショットから切り出した一コマ。
[大河原遁] 王様の仕立て屋 ~サルト・ナポレターナ~ 第04巻【Kindleファイル】

「IrfanView」で変換したJPEGファイルからの切り出し。
jpeg_300x167.jpg [大河原遁] 王様の仕立て屋 ~サルト・ナポレターナ~ 第04巻【JPEGファイル】

サイズはそれぞれ300×294と300×268。
変換後は高さが91.16%に圧縮されていることになります。
つまり、同じ出版社の同じシリーズ内ですら、アスペクト比が狂う巻があったり、狂わない巻があったりするわけです。


結論としては、「Epubor Ultimate」を用いてKindleファイルを複合した後にPDFファイルなど、汎用性が高いファイル形式に変換すると、アスペクト比の狂いが生じる場合がある、縦方向の圧縮が生じるが、その圧縮率に一定の値はなく、それぞれのファイルごとに確認が必要――というころになるでしょうか。

どのように使用していけばよいのか、悩みが尽きない「Epubor Ultimate」であります。


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

コメント

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://homolegens.blog136.fc2.com/tb.php/63-9cce6b8f