[関川夏央×谷口ジロー] 事件屋稼業 


「事件屋稼業 Revised Edition」がKindleで全巻発売されたので即買い。紙版も所有しているが、1~4巻はぼろぼろ。双葉社のこの版型は耐久性が極めて低い。ただ、5・6巻は一読しかしていないので新品同様である。私の中では「事件屋稼業」は4巻で終わっている物語だった。
08-23 16:24

5・6巻は「事件屋稼業」のセルフパロディである。70年代の格好良さが、バブル後の世の中で空回りする様を露悪的に示して見せる、原作者と作者による自虐行為であったかのように思える。彼らは、黒崎をピエロにして文字通り殺し、深町丈太郎からダンディズムを奪って町に放り出した。
08-23 16:33

6巻の文末で原作者が続編の執筆を仄めかしていたが、さすがにそれは勘弁してほしい。寺尾聰を主演にしたドラマが、あれほどに無残な出来であったではないか。
08-23 16:38

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村