[みなぎ得一] 足洗邸の住人たち。 

Kindleストアでみつけて、ずいぶんと評価が高いので試しに第1巻を読み、その後13巻まで立て続けにダウンロード、読了。

こんなに面白い漫画を認知していなかったのかと自戒するくらいの出来。

特に、神や悪魔の相対化が上手で、超自然存在の力がインフレーションを起こさない工夫が施されているのが秀逸。
これらの存在と人間が闘える設定・理由づけに無理が無い。

こんな感じで処理すれば「BASTARD」も破綻しなかったのにと、ふと思った。

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村