(一般コミック) [浦沢直樹] BILLY BAT 第07巻 

(一般コミック) [浦沢直樹] BILLY BAT 第07巻: 歴史の闇に葬られた大事件の羅列に過ぎない印象が強く、斜め読みしていた本作ですが、浦沢直樹はこの大風呂敷は畳めてしまうかもしれない―そんな期待を抱かせてくれる「転」の巻でした。 http://t.co/rvXFzfm
08-23 00:03

続きを読む

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [たかしげ宙×DOUBLE-S] 死がふたりを分かつまで 第15巻 

(一般コミック) [たかしげ宙×DOUBLE-S] 死がふたりを分かつまで 第15巻:「ジーザス」とのクロスオーバーは前巻までは成功だったと思います。本巻からは遂に三つ巴、四つ巴の団体戦に突入。個々のキャラクターを差別化するためか、各々の武器や戦闘法が個性的に設定されています。
08-21 17:13

どうもこれが上手くいっていない気がします。本作ではこれまでにも戦略・戦術面で特殊な戦い方をする敵が多く登場してきたわけで、さらなる新キャラの複数投入には無理があったのでは。「漆黒部隊」のゼルムに至っては、その風貌とも相俟って、超法規部隊の戦闘員というよりはほとんど妖術使いです。
08-21 17:20

クロスオーバー企画であるにも関わらす護とジーザスの共闘場面がないことも物足りなさの一因でしょうが、この巻全体を通して、超人的戦闘力を持った者同士の一騎討ちが順番に描かれている「だけ」という印象が拭えません。次巻の展開に期待したく思います。http://t.co/IEtQ1kZ
08-21 17:27

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [コースケ] GANGSTA 第01巻 

三輪士郎氏の「DOGS/BULLETS & CARNAGE」の番外編がBUNCH COMICSから発売されました。 http://t.co/TZKbRNr
08-19 22:27


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [諫山創] 進撃の巨人 第05巻 

最初の数巻は面白かったが、後半辻褄が合わなくなり失速、という作品は数多あります。私は「進撃の巨人」もそうなる可能性が高いと踏んでいますが、この第5巻までを読む限りは、タレる気配はないようです。初動の評価が異例に高かったので、その水準をクリアし続けるのは作者にとって重圧でしょう。
08-13 11:48

そんな中で、デビューしたばかりの新人が休載もせずに本作を描き続けていることには賞賛を送りたいと思います。そして第5巻。物語は新たな局面へ。エレンの巨人化を巡って執り行われる審問。それを通じて作品世界の構造が徐々に明らかになっていきます。そしてエレンが配属された曲者揃いの調査兵団。
08-13 11:54

兵団員でありながら調査対象でもあるエレンが次第に受け入れられていく過程は少年漫画の定石でしょう。仲間たる調査兵団員の人物造詣は類型的に過ぎるかもしれません。隊長のリヴァイはよしとして、他の隊員に関してはもう少し常識的で、かつ感情移入できる設定を用意できていたらと思えます。
08-13 12:05

そのあたりは作者の若さ、実社会における経験不足の反映かもしれませんが、一方で、次第に明らかにされていく巨人たちの生態は非常に興味をそそるものであります。そして現れた「知性をもった巨人」。エレンの秘密ともども 、謎の解明を餌に読者を引っ張る手管は新人離れしていると言えるでしょう。
08-13 12:13

それにしても、諫山創氏、絵はなかなか上手くなりませんね(笑) http://t.co/AN9PklJ
08-13 12:16

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [諸星大二郎×井上淳哉] 妖怪HUNTER~闇の客人~ 

野口賢氏の「ザ・リターナー」と同様、絵が今風で上手いことは漫画家の必要条件であって十分条件ではないと実感させてくれた1冊。ここまでキャラの立たない稗田礼二郎って……。素直に、諸星大二郎先生の凄さを再認識させて頂けたということにしましょう。 http://t.co/m05TpcM
08-08 22:49

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

一般コミック) [羽海野チカ] 3月のライオン 第6巻  

遂に、闘う理由をみつけた桐山零。その理由の正当性にすら迷いながら、周囲の人たちの理解に支えられて、彼はようやく、牙を磨き始める。改めて気づかされる自らの社会性の欠如。エスカレートしていくひなたへのイジメ。 それらに煩悶しながらも、零は進む。
08-07 14:16

「『潔い』のと『投げやり』なのは似ているけど違うんだ!!」―病に斃れた心友・二階堂がかつて自分にぶつけてくれた言葉。感情に囚われ、我を失いかけた零がそれを思い出して対戦中に自分の将棋を取り戻すシーンはこの巻のテーマを表象するものであります。
08-07 14:24

自分を知り、他人が見えるようになっていく零。しかし、将棋の世界で小さなタイトルを手にし、その足で京都に向かった彼が見つけたのは、修学旅行中も続くイジメに独り耐えるひなただった。自分の無力に呻吟する零が、次に対峙しなければならないものは何か?
08-07 14:41

零の対局が描かれなかった前巻の「タメ」が効いて、カタルシスとも言える展開を見せた第6巻。しかしそれで終わらせないのが、良い意味で非少年漫画家である羽海野チカの手管。転調を予感させるラストシーンから物語はどのように進んでいくのか? 待て次巻! http://t.co/Nv7TFrZ
08-07 14:52

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [尾田栄一郎] ONE PIECE 第63巻 

まだ魚人島……? http://t.co/KROyijg
08-05 23:31

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村