(一般コミック) [太田垣康男] MOONLIGHT MILE 第22巻 

僅かな希望と、圧倒的な閉塞感。
理代子と「月の子」達の行動はいかなる結果をもたらすのか。

そして転調。

やはり吾郎とその仲間たちには「現場」が似合う。
これまでとこれからを集約するような、吾郎が独房の中で脇腹の贅肉をつまむシーンに感銘を受けました。 http://t.co/17sZEDF
07-25 09:04

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [太田モアレ] 鉄風 第4巻 

夏央の歪さの根源が明らかになりつつ、彼女の健全な部分も芽吹き始めた第4巻。
果たして彼女は女子格に救われるのか……?
G-girl新人トーナメント出場の条件として可鈴から課されたグラップリング大会ではレオン・グラシエーロばりに試合で実戦練習。

勝利者賞を無邪気に喜ぶ彼女をダークサイドに呪縛する兄。
伝統的技法で紹介される、新人トーナメントを目指すライバル達。最後に登場する神取(薙)忍がニヤリとさせてくれます。
格闘技漫画を描いてる人達は皆、失われた理想郷を追い求めているのでしょうか。 http://t.co/hjmM7Ed
07-24 09:59

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [しげの秀一] 頭文字D 第43巻 

公道最速! を目指してクルマを走らすだけのマンガが、気がついてみれば43巻目。不思議とマンネリ感は無い。人間ドラマや恋愛エピソードのトッピングはあるが、この巻などはクルマ100%。それでも読ませてしまうしげの秀一はやはりすごい漫画家なのか。 http://t.co/PfZZeuB
07-23 08:00

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [ゆうきまさみ] 鉄腕バーディー EVOLUTION 第8巻 

個人的には長い休止や掲載誌の変更という試練を乗り越えて、細々と連載が続いているという印象の本作。そういう状況であっても商業出版ベースに乗せてもらえるだけ、パブリッシャー側の信頼は得られているのだとも言えるでしょう。
07-22 08:00

作者がどういう意識で描いているのかは不詳ですが、"EVOLUTION"となって8冊目、既に物語のレベルはハードSFの域に達しているように思われます。ツトムは本巻では事実上「出て」こず、異星人同士の駆け引きを中心に物語は進みます。
07-22 07:57

そして、暴力や破壊、性的描写に関するフィルターを、ゆうきまさみ氏は徐々に外そうとしているようでもあります。発表媒体の違いもあるのでしょうが、「パトレイバー」ですら至れなかった領域に「バーディー」は既に踏み込んでいるかのようです。
07-22 07:55

ヤングサンデー版から数えて28冊。ようやくここに来て事件の全貌(や、ゴメスの正体)が語られ始めようとしています。ひたすら注視で、先行きに期待していきたいホモ・レゲンスでした。 http://bit.ly/qdSRf7
07-22 07:42

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [柴田ヨクサル] ハチワンダイバー 第20巻 

地下都市編も長くなりましたが、ダレ場感は微弱。鬼将会の世界征服戦略までが持ち上がものの、インフレが起きている感じがしないのは、作者がそういう世界観を構築することに成功しているからでしょう。
本巻の主役は、そよと谷生かな。菅田も頑張ってますが。 http://t.co/b6vs2Ej
07-21 08:27

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [横山光輝×野口賢] バビル2世 ザ・リターナー 第3巻 

内容薄っ!
物語を期待すべき作者でないことは承知の上だが、事実上原作無しだとこうなるのか。
ロデムがバビル2世の影武者やってて、101部隊のマックスはバイラスで、ヨミがバランを差し向けて、舞台はいよいよバビルの塔へ、という(だけの)お話です。 http://t.co/qvHfbOa
07-19 20:31

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般小説) [冲方丁] マルドゥック・フラグメンツ 

7月17日読了。短編の141と-200は及第点(141は盗作問題で爆心地に?)。
次作へと誘う中編群が秀逸。これと冲方丁インタビューを併読すれば「マルドゥック・アノニマス」は読まずには済まされません。 http://bit.ly/qBQ5GP
07-18 20:35


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

07/14のツイートまとめ 

HomoLegens

「孔雀王」ともども夢枕獏氏に「パクリだ」と突っ込まれていた旧作から流れ流れて弐門。旧作を読み返してますが、独特の魅力とリーダビリティがある漫画ではありますよね。 @meriesan 修羅の門弐門 2巻読了。
07-14 05:56


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [森川ジョージ] はじめの一歩 第96巻 

2011年7月1日購入、同日読了。

たぶん32ページくらいで描ける内容を単行本1冊分に引き延ばしたのだと思われます。
それくらい中身は希薄。
単行本じゃなくて雑誌で追ってた読者はたまらなかったでしょうね(ネガティブな意味で)。

94巻で板垣超人化に対する懸念を抱きましたが、本巻では一歩魔人化が危惧されます。
ダークサイドに堕ちた一歩がどのような闘いを見せるのか……興味は尽きません。というのは嘘です。

この程度の相手との対戦までをこんなに引っ張って、試合自体はどれくらいの尺で描くつもりなのか――
対小島戦で100巻突入というのも締まらないですよね。

続きを読む


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村