(一般コミック) [尾田 栄一郎] ONE PIECE(ワンピース) 第61巻 

既に一般教養の域に達している「ONE PIECE」ですが、ダレることは決してなく、むしろさらなる高みに向けて一段高いステージに移行したような印象があります。

登場人物たちが2年間の雌伏のうちに遂げたパワーアップも、ジャンプものにありがちな「インフレーション」ではなく、必然性があり、かつリーズナブルなものであったように思います。

2月5日読了。
詳しいレビューは後日。

続きを読む

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村