(一般コミック) [京極夏彦×志水アキ] 狂骨の夢 第1巻 

2011年1月24日購入、同日読了。

志水アキ氏の「翻訳」能力は他に類を見ないほどに卓越している。
この「狂骨の夢」において、それは既に円熟の域に達したと言ってよい。

この漫画家さんを知った著作は奥瀬サキ氏原作による「夜刀の神つかい」ですが、その際の評価は「絵がうまい漫画家さんだな」といった程度のものでした。

しかし「魍魎の匣」のコミカライズで私の評価は一変。
それまで三国志や水滸伝に材をとった作品を描いてきた(らしい)志水アキ氏ですが(未読です。すいません)、京極夏彦京極夏彦作品の漫画化というのは、想像を絶する困難さを伴う作業だったのではないでしょうか。

三国志や水滸伝ならば既に何段階にも翻訳や翻案がなされ、コミカライズするためのプラットフォームが出来上がっています。
奥瀬サキ氏は自身が現役の漫画家ですから、原作のシナリオも作画を前提としたそれなりに分かりやすい物が用意されてのではないかと想像します。

続きを読む

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村

(一般コミック) [吉川良太郎×黒釜ナオ] 解剖医ハンター 第1&2巻 

 
もしかしたら最近で一番面白かったかもしれないマンガ。
漫画家さんの方はこれがデビュー作のようですが、お見それの画力です。

書店でビニール掛けの第2巻が新刊コーナーに平積みされているのが目に留まって、惹かれるものがあったので第1巻をイー・ブックオフで購入。
読み終わった翌日には書店で第2巻を購入しました(笑)。

1月5日、第15巻読了。
レビューは後日。

詳しいレビューは後ほど。


→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村