(自己啓発書) [小池龍之介] 考えない練習 

こういう時代なので、「捨てる」とか「シンプル」をテーマにした書籍がアンチテーゼ的に著され、セールスも良いようですが、本書「考えない練習」(小池龍之介)もそんな一冊。

……なのですが、残念ながら私は数十ページ読んで挫折。
趣旨はよくわかるのですが、仏教用語の解説がうるさく感じられるのと、日常生活における出来事を仏教概念に牽強付会的に結びつけた説明が、読んでいて少し苦しかったです。

読む時間も貴重なコストと考える私は、書籍代と、数十ページを読むのにかけた時間に対する「執着」を捨てて、本棚の隣に並ぶ本を手に取りました。

エクイット・イーシュワラン著「スローライフでいこう」が、安価で内容もとっつきやすいので、本書に興味をもたれた方には一読をお勧めします(こちらはヨガの思想をベースにしています)。

スポンサーサイト




→「Homo Legens(読書人)の書評ブログ」トップページへ

 ランキングに参加しています(応援クリックよろしくお願いします)
  ブログランキング【くつろぐ】 / 人気ブログランキング / にほんブログ村